【過敏性腸症候群(IBS)】急な腹痛や便秘でお困りの方へ

過敏性腸症候群とは炎症がないにも関わらず、腹痛やお腹の不調を感じる症状です。

お腹の冷えなどで調子を崩すことはありますが、この症状は長いと数ヶ月続くこともあります。

全体の10%から15%の方が過敏性腸症候群と言われており、20代から40代に多く見られます。
男性に比べると女性の方が約1.5倍ほど多い症状です。

急な腹痛によって日常生活に支障をきたしている方も少なくありません。


英語では「irritable bowel syndrome」と表記されるため、頭文字をとって「IBS」と略されています。


検査をしても異常がなく、長期に渡っての腹痛や下痢、便秘、下痢と便秘を繰り返している方は「過敏性腸症候群」かもしれません。

腹痛を患う女性

症状

▶ 腹痛

▶ お腹の不快感・張り

▶ 下痢

▶便秘

▶ 残便感


・平均で1週間に1回以上の腹痛や不快感がある

・電車に乗ったり職場に向かうとお腹の調子が悪くなる

・テストや授業中にお腹の調子が悪くなる

・緊張したりプレッシャーを感じるとお腹が痛くなる

・下痢と便秘を交互に繰り返している


女性は便秘、男性は下痢になる方が多いのも特徴の一つです。
検査をしても異常がなく、このような症状がある場合は過敏性腸症候群を疑ったほうがよいでしょう。

会議中に緊張してお腹が痛くなる女性

過敏性腸症候群になりやすいタイプ

● 真面目

● 優しい

● 20代から40代の働き盛りの人

● 責任感が強い

● 我慢強い人


このようなタイプの方が過敏性腸症候群になりやすいと言われており、主にストレスを感じやすい方に多く見られます。

働き盛りの女性

原因

原因ははっきりと解明されていません。

しかし過敏性腸症候群になりやすいタイプや年齢から考えると、当院では「精神的部分」と「身体的部分」に掛かる負担が関係していると考えています。


それは「ストレス」と「骨盤のゆがみ」です。


ストレスを感じることで自律神経が乱れ、整腸作用も乱れます。

整腸作用が乱れることで腹痛やお腹の不快感となってあらわれるのです。


また骨盤がゆがんでいると内臓が正常な位置からずれている場合があり、内臓の働きを低下させます。

内臓機能が低下していると腸の働きが弱くなり、お腹の調子を悪くさせてしまいます。


過敏性腸症候群はストレスによって乱れた自律神経を整え、骨盤のゆがみを整えて正常な位置へ戻してあげることが重要となってきます。

当院の施術について

当院では過敏性腸症候群でお悩みの方の施術もおこなっております。


◎ 骨盤と姿勢を整えて内臓機能を活発にする


◎ 乱れた自律神経を整えて身体へのストレスを軽減


◎ 自律神経のバランスを調整してストレスを溜め込まない身体作り



以上に重点を置いて施術していきます。


異常がないのに慢性的な腹痛やお腹のトラブルでお悩みの方は整体戦士ダイラマンにご相談ください。

友だち追加
インフォメーション
お問合せ/各SNSはコチラ