【不眠症】原因と対策

2020年9月8日

・布団に入ってもなかなか寝付けない

・夜中に何度も目が覚める

・早く目が覚める

・寝た気がしない

これらに一つでも該当する方は不眠症かもしれません。


不眠症の方は20%以上と言われており、5人に1人がお悩みの症状です。

不眠症は疲労の回復機能が低下するのはもちろん、身体に様々な症状をもたらします。

眠れない日が続くと日常生活に支障をきたす場合があるので、安易に考えてはいけません。

起きても疲れがとれない男性

不眠症 4つのタイプ

不眠症には4つのタイプがあります。

入眠障害

寝つきが悪い状態です。

布団に入ってもなかなか寝付けず、中には入眠まで2時間以上かかる方もいらっしゃいます。
不眠症の中ではこのタイプが最も多いと言われています。

中途覚醒

夜中に何度も目が覚めてしまう状態です。

トイレに行きたいわけでもないのに夜中に何度も目が覚めてしまいます。
回数は個人差がありますが、お年寄りに多くみられます。

早朝覚醒

予定の時間より早く目が覚めてしまう状態です。

2時間以上早く目が覚めてしまうことが早朝覚醒のボーダーラインと言えます。

塾眠障害

起きてもちゃんと寝た気がしない状態です。

入眠しても眠りが浅い状態が朝まで続き、翌日まで疲れが残ってしまいます。
最近では20代、30代の方に増えてきています。

原因

・パソコン/スマートフォンの長時間使用

・ストレス/悩み

・自律神経の乱れ

・生活環境の大きな変化

・不規則な生活リズム(夜更かし・暴飲暴食)

・身体の不調(痛みや痺れ、倦怠感など)

深夜までデスクワークをする女性

身体への影響

◆ 疲れがとれない

◆ イライラ

◆ 肌のハリがなくなる(皮膚トラブル)

◆ 肩こりや腰痛を発症しやすくなる

◆ 仕事、運動能力のパフォーマンス低下

◆ 記憶力の低下

◆ 気持ちが滅入る(うつ状態)

◆ 成長機能/回復機能/内臓機能の低下

などが挙げられます。

肌が気になる女性




症状が深刻になってくると不安感に襲われ、更に眠れない状態になる方も少なくありません。

不眠症になってしまうと負のスパイラルに陥ってしまうことも多々あります。

対策

・食事

・ストレス

・運動

・入浴

・睡眠環境

この5つに重点を置いて解説していきます。

食事

3食バランスよく食事をすることで、体内環境を整えることができます。
体内環境が整えば質の高い睡眠がとれるようになってきます。

特に朝食は一日を元気に過ごすエネルギー源となります。
朝食を抜く方も多いと思いますが、きちんと摂取することが大切です。

バランスの良い朝食

また夕食は睡眠2時間前に終えるようにして腹八分目を心掛けましょう。

アルコールや暴飲暴食を避けることも大切です。

睡眠前のコーヒーやキンキンに冷えた飲み物も睡眠に影響します。
睡眠前はリラックス効果も高まる温かいハーブティーがおすすめです。

ストレス

ストレスを発散させる方法を身に付けておくことが大切です。

◇ 休日にショッピング

◇ 家族とドライブ

◇ 読書

など、自分が大好きな時間を作って習慣化することがストレス発散となります。

壮大な景色の中でドライブ



またストレスを発散させるには涙活も非常に効果的な方法です。
感動する動画を観ていっぱい涙を流すこともおすすめです。

運動

適度な運動は寝つきを良くします。

理想は夕方に1時間程度の軽い運動を継続するのが良いですが、時間がない方は週に1回休みの日に運動をするだけでも睡眠の質は高まってきます。

つらく激しい運動ではなく、心地よく楽しめる運動を継続していくことがしっかり睡眠できるようになるための近道です。

運動を楽しむ女性

入浴

シャワーだけの入浴はやめて、しっかり湯船に浸かることが睡眠の質を高めます。

温めのお湯で30分以上浸かることをおすすめです。
また入浴中に身体をマッサージすることで血行が良くなり、更に入眠効果を高めます。

リラックスを求める方は浴室を暗くした状態で、アロマキャンドルを灯してゆっくり湯船に浸かることで気持ちが落ち着いて自律神経が整ってきます。

アロマキャンドル

睡眠環境

布団に入ってスマートフォンを操作する方も多いと思いますが、この行動が不眠症の大きな原因です。
寝る前のスマートフォンはブルーライトにより入眠を妨げるのでおすすめできません。

入眠前に温かいタオルをまぶたの上に置いて、日中疲れた目を労わってあげると寝つきが良くなります。

暑苦しい日はエアコンで室内温度を調整するなどして快適な環境を作っていきましょう。

寝る前にスマートフォンを操作する女性
寝る前のスマートフォンはやめましょう

当院の施術について

当院では不眠症でお悩みの方の施術も対応しております。

・自律神経を整えることで、質の高い睡眠がとりやすくなる体質作り

・パソコンやスマートフォンで疲れた目や肩、首を整えることでの安眠効果

・疲れやストレスが溜まった身体を施すことで更なる疲労回復

このような効果が大いに期待できます。


最近、なかなか眠れない。

寝ても疲れがとれない。

そんな不眠症でお悩みの方は整体戦士ダイラマンにお任せください。

友だち追加
インフォメーション
お問合せ/各SNSはコチラ