【若年性更年期障害】20代~30代の女性に急増

更年期障害は一般的に40歳を過ぎた頃から起こる、身体の不調や精神的に不安定になる症状です。

ところが、このような症状が20代から30代の若い女性の方に増えてきています。


更年期障害の症状や原因、予防方法についてお伝えします。

悩んでいる女性

症状

更年期障害はホルモンバランスの乱れによって起こる様々な症状です。

精神的部分の症状と身体的部分の両方に症状があらわれます。


● 精神的症状

・イライラ

・落ち込む

・記憶力の低下

・ネガティブ思考

・集中力の低下

・情緒不安定

・憂鬱

憂鬱な女性

● 身体的症状

・ほてり、のぼせ(ホットフラッシュ)

・発汗

・動悸、息切れ

・手足が冷える

・血圧の異常

・頭痛

・めまい

・肩こり

・不眠

・疲労感

・倦怠感

ストレスで頭を抱える女性

症状が悪化すると生理不順や肌トラブル、さらには骨の密度が減少する骨粗しょう症になる場合もあります。

原因

更年期障害は女性ホルモン(エストロゲン)の減少が原因とされていますが、若年性更年期障害の場合は精神的ストレス、身体的ストレスを強く感じることで自律神経が乱れてしまい、女性ホルモンの分泌を減少させてしまいます。

その結果、20代から30代の女性でも更年期障害同様の症状でお悩みの方が急増しているのです。


以下のような項目が原因で若年性更年期障害になりやすいと言われています。


・ストレス

・不規則な生活リズム

・過度な仕事量(働き過ぎ)

・無理なダイエット

・喫煙

・暴飲暴食

・ハードな運動


一番の原因は、ストレスを感じることで起こる「自律神経の乱れ」です。

近年、女性でも男性と同じようにハードな仕事を淡々とこなす方が多くなり、ストレスを感じる女性が増えてきました。

結果、若年性更年期障害に悩む女性が急増していると思われます。

疲れが溜まっている女性

予防と対策

乱れた自律神経を整えてあげることで女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を促すことが効果的です。


〇 規則正しい生活リズムを心掛ける
3食きちんとバランスのとれた食事を摂り、夜更かしは避けましょう。


〇 暴飲暴食、過度な飲酒を控える
偏った食事や好きな物ばかりではなく、野菜もしっかり摂取しましょう。
また食べ過ぎや深酒も自律神経を乱す原因となります。


〇 適度な運動やストレッチを習慣にする
自分の身体に見合った運動を心掛けることが重要です。
負担が掛かり過ぎる運動は逆効果となる場合もあります。

ストレッチは睡眠前に行うことで睡眠の質を高める効果が期待できます。


〇 減量法を見直す
短期間で減量したいという気持ちはわかりますが、身体に大きな負担とストレスがかかります。
無理なく継続しやすい減量法を心掛けましょう。


〇 オーバーワークを見直す
残業やキャパオーバーな仕事はストレスがかかり自律神経を大きく乱します。
お仕事も大切ですが身体のことを考え、無理のない仕事量を心掛けましょう。

運動を楽しむ元気な女性

若年性更年期障害の施術について

自律神経の乱れを整えることで女性ホルモンの分泌を促すことで、若年性更年期障害でお悩みの方をサポートしております。

自律神経の乱れを整えるには「背骨」を正常な位置に戻し、脊髄の働きを活発にしてあげることが重要と考えております。


・若年性更年期障害と診断されたけど、なかなか良くならない


・この症状、ひょっとして若年性更年期障害かも?


・最近ストレスが溜まっているかも


そんな症状でお悩みの方は当院にご相談ください。

友だち追加
インフォメーション
お問合せ/各SNSはコチラ