【産後骨盤矯正】

2020年3月8日

産後の骨盤の状態が気になる

体型がなかなか戻らない

本日は産後の骨盤のゆがみに悩んでいるママさん達へ、産後骨盤矯正についてお伝えします。
産後ではなくても「骨盤のゆがみ」が気になっている方も是非お読みください。

出産後、なぜ骨盤がゆがむ?

赤ちゃんを出産するということはママにとってもパパにとっても赤ちゃんにとってもビッグイベントです。
しかし、一番身体に影響が出てしまうのはママの身体です。

赤ちゃんを出産すると骨盤が大きく開いてしまう為、ゆがみが生じやすく体型や内臓にも影響が出てきてしまいます。
出産後、骨盤は時間をかけてゆっくりと正常の位置に戻っていきますが、ケアをしっかりしていかなければ骨盤が開いたままの状態になってしまうので、後々身体へ影響を及ぼしてしまうでしょう。

産後の体型や症状を防ぐには骨盤を調整して、正しい位置に戻してあげることが重要です。

骨盤が歪んだままだと…

骨盤は身体の中心にあり、背骨や脚の骨と直接繋がっている場所です。
その為、骨盤が歪んでいると身体全体に影響が出てきてしまいます。


また骨盤の中には子宮や腸などがあるところです。

骨盤が正常の位置でないと内臓機能にも影響が出てきてしまう場合があります。

「骨盤のゆがみ」がもたらす主な症状

体型の変化

腰痛

便秘

尿漏れ

肩こり

骨盤の歪みの種類
骨盤の歪み方の種類と歪みによって起こる主な症状



骨盤が正常の位置にない状態で赤ちゃんを抱っこしたり、授乳をしたりする姿勢がさらに骨盤の戻りを妨げてしまう場合があります。

産後は骨盤を正常の位置に戻すという意味でも横になっている時間を増やすことがおすすめです。


骨盤の歪みを気にして、出産後すぐに骨盤矯正ベルトやサポーターを使用するママもいらっしゃるかと思いますが、タイミングは早いと言えます。

トコちゃんベルト


産後1ヵ月は子宮が元に戻ろうとする時期であったり、出産後の体力回復期間だったりします。
また子宮内から悪露(おろ)が排出される期間でもあり、出産後すぐの矯正ベルトなどはこれらの自然現象を妨げてしまうかもしれません。

身体の状態が落ち着きだす産後1ヵ月後くらいを目安にすると良いでしょう。

当院の産後骨矯整

当院の産後骨盤矯正は身体の状態によっては、出産直後からでも可能です。


身体に負担をかけない優しい整体ですので、あなたの自然治癒力を妨げず、身体の状態に並行させながら施術をしていきます。

産後の骨盤は出産から6ヵ月たつと正常に位置に戻りづらくなる傾向にあります。
出産後、6ヵ月以内にメンテナンスすることがおすすめです。

骨盤矯正と同時に全身のメンテナンスも行います。
特に子育てに奮闘する新米ママさんは慣れない姿勢と緊張感で、身体がガチガチに硬くなっている傾向にあります。

身体全体の神経の乱れを整える

ガチガチだった肩や首のコリがフワフワになって身体が楽になる

自律神経が整ってイライラしなくなる

赤ちゃんも喜ぶ♪

こんな素敵な状態で子育てするママが増えると私も嬉しいです!


ママは必死になって子育てを頑張っています。
頑張り過ぎてしまうので、自分の身体は後回しにしがちです。

お子様も大切ですが、ママ自身の身体も大切にしてあげてください。

友だち追加
お問合せ/各SNSはコチラ