【腰痛】

2020年4月21日

腰痛でお悩みの方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

慢性的な腰痛で薬や湿布が手放せないという方もいらっしゃいませんか?

症状が軽くなり「腰痛が治った」と思っても、何度も繰り返す方も大勢いるかと思います。


本日は「腰痛」の原因と対策をお伝えしていきます。

腰痛はなぜ起こる?

単刀直入に言うと
筋肉の硬直」です。

スポーツをすると腰が痛くなったり、筋肉痛が起こることはよくあります。
これは普段使っていない筋肉に大きな負担がかかり、筋肉が硬直して痛みが現れます。

このようなケースは突発的な腰痛で、数日で良くなる場合がほとんどです。


では、特にスポーツや激しい運動をしていないのに慢性的な腰痛に悩まされるのか…


それは普段からの何気ない姿勢が原因となっている可能性が高いです。

姿勢が悪いと…

姿勢が悪いということは身体が歪んでいるということです。

身体が歪む原因は普段何気ない、ちょっとした癖が積み重なって徐々に歪みが生じてきます。

主な歪みの原因は、

☑足を組む

☑子どもの抱っこ

☑寝ている時の身体の向き癖

☑肘を付いての運転 などの何気ない癖が原因と考えられます。


普段の何気ない癖→徐々に姿勢が悪くなる→徐々に筋肉が硬くなる(身体の要である腰に大きな負担)→腰痛

というパターンで症状が現れている方がほとんどです。



動物は痛みが現れると無意識でも痛みをかばう生物です。

痛みをかばうことで負担が和らぎ一時的に症状は軽くなりますが、「姿勢が悪い」という根本的な原因は治っていない為、再び腰痛を繰り返すことになるわけです。

姿勢を良くしようとすると…

腰痛の根本的原因は上記の通りです。
姿勢を良くすれば慢性的な腰痛も徐々に改善するでしょう。

しかし、長年の何気ない癖、姿勢を良くしようという意識、
なかなか矯正できるものではありません。

癖というものは自分にとって自然なものであり、癖を直そうとするとどうしてもストレスが溜まります。
姿勢を矯正しようとしても、いつのまにか普段の姿勢に戻っているという方がほとんどです。

ストレスを溜めず、自然体で姿勢を良くしていくには順序があります。


いかにストレスをかけずに姿勢をよくして腰痛を根本から正していくには腰痛が発生する仕組みの「逆」から正していく必要があります。

腰痛→筋肉を柔らかくする→姿勢をゆっくり矯正する→癖を直す意識をする→健康な身体になる

という順番で行えばストレスも身体の負担もかからず、根本から良くなるでしょう。

セルフケアはどうすれば?

自分でできる腰痛対策は筋肉を柔らかくすることです。

ストレッチが良いとされていますが、継続できない方も少なくないのではないでしょうか?

そこで!
誰でも簡単に継続できるおすすめのセルフケアをお伝えします。


まずは朝起きたらぬるま湯、もしくは常温の水をコップ1杯飲む。


これは血流を良くする為です。
血流が良くなることで筋肉の状態が柔らかくなります。

身体に負担をかけないぬるま湯か常温の水をゆっくり飲むと良いでしょう。

温かいお茶や麦茶もおすすめです。



寝る前のお風呂を気持ち長めに入ります。
普段20分くらい入浴される方はプラス3分から5分長くお湯につかると良いでしょう。



シャワーの方も同じように3分から5分長く浴びることをおすすめします。

シャワーを腰やお尻に直接あてるのも効果的です。

身体を温めることで筋肉が程よく柔らかくなり、症状がやわらいでくることでしょう。



これなら簡単に継続できそうですよね。
硬くなった筋肉を柔らかくすることを意識して、朝一の水分摂取、入浴時間の延長を心掛けてみてください。


もしストレッチなどをする余裕がある方は、寝る前に行うのが良いでしょう。



無理せず、「痛気持ちいい」くらいを目安にストレッチを行うとより効果的です。

まとめ

今回は腰痛の原因と簡単にできるセルフケアをお伝えしました。

☑腰痛は筋肉の硬直が原因

☑筋肉の硬直は普段の何気ない癖による姿勢の悪さによって起こる

☑いきなり治そうとせず、まずは筋肉を柔らかくすることが大事

☑朝一の水分摂取と入浴時間の延長で筋肉は柔らかくなる

☑継続することが重要


腰のちょっとした違和感に気付くことが重要です。
安心せず、日頃からケアをしていくことを心掛けてください。

ともだち追加はコチラをクリック
整体戦士ダイラマン LINE公式アカウント
お問合せ/各SNSはコチラ