【更年期障害】原因と対策

更年期とは一般的に女性の45歳から55歳頃の期間をさします。

この期間になると女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が低下し、身体に様々な症状があらわれる方が多いのです。

また自律神経が乱れたり、精神的に不安定になったりと心身ともに不調をきたします。


これを更年期障害と言います。

更年期障害で憂鬱になる女性

更年期障害の症状

更年期障害は心と身体の両方に症状があらわれます。
主な症状は以下の通りです。

・肩こり

・腰痛

・背中の痛み

・関節痛

・痺れ

・頭痛

・めまい

・不眠

・疲労感

・不安感

・イライラ

・うつ

・ホットフラッシュ(ほてり・のぼせ)

・動悸

・息切れ

・発汗

・むくみ

・喉の渇き

・吐き気

症状は個人差があり、全ての方に上記のような症状があらわれるわけではありません。

特に多くの方にあらわれる症状は「肩こり」「疲労感」「頭痛」「ホットフラッシュ」「腰痛」と言われています。

更年期障害で肩こりを患う女性

原因

先にも記述しましたように一番の要因は女性ホルモンの分泌が低下することで身体のバランスが崩れ、各部位や精神的部分に症状があらわれます。

更年期前は脳が「女性ホルモンを分泌して」と身体に指令を出しますが、更年期になると脳が指令を出しても女性ホルモンが減少しているので分泌することができず、脳が混乱を起こします。

脳が混乱を起こすと身体が思うように動かなくなったり不調を感じるようになるのです。

これに生活環境のストレスや仕事のストレスが加わると、症状が強くあらわれたり痛みが大きくなったりします。


これが更年期障害にあらわれる辛い症状の原因です。

対策

エストロゲンを補う意識とストレスを軽減する意識が大切です。


1.バランスの摂れた食事

バランスの良い和食を心掛けましょう。
特にイソフラボンが含まれる大豆食品(豆腐・納豆・味噌)はエストロゲンの働きをサポートし、補助する効果が期待できます。

バランスの摂れた食事

2.質の高い睡眠

6時間以上の睡眠を心掛けてください。

特に22時から2時の4時間がゴールデンタイムと言われており、この時間帯に熟睡できるとホルモンの分泌が活発になると言われています。

寝る前のスマートフォンは自律神経が乱れ不眠の原因となります。
少なくとも睡眠1時間前にはスマートフォンやパソコンの操作を控えましょう。

質の高い睡眠を摂る女性

3.適度な運動

運動を楽しむことで血行が良くなり代謝が上がります。
代謝が上がることで女性ホルモンにも良い影響を与えることができます。

ポイントは激しい運動ではなく「楽しむ」ということです。
ウォーキングやジョギングを楽しむ意識を持つことで、ストレスも軽減できる期待が高まります。

運動する時間がない方は寝る前にヨガやストレッチを楽しんでみてください。

ヨガを楽しむ女性

当院の施術について

当院の更年期障害の施術はつらい患部を緩和させるとともに、乱れた自律神経の調整と血行不良を改善させることでの代謝向上を目的として施術します。

肩こりや腰痛、頭痛などのつらい症状を改善させることはもちろんですが、症状の具合を左右する自律神経の乱れを調整して正常な状態に近づけることを一番重点に置いています。


更年期障害のつらい症状でお悩みの方は当院までご相談ください。

友だち追加
インフォメーション
お問合せ/各SNSはコチラ