【肩こり解消】代謝アップで肩こりを予防

慢性的な肩こりや肩の不快感でお悩みではありませんか?
気温が低下する時期は寒さによって血行不良を起こし、肩こりに悩まされる方が急増します。

肩こりは血行不良によって筋肉が硬直することで起こります。
特に寒い時期は血行が滞りやすいので、血行を促進させることが肩こり解消のポイントです。

肩こりに悩む女性

肩こりの3大要因

肩こりの原因は「血行不良による筋肉の硬直」ですが、血行不良を招く3大要因は以下の通りです。


● 冷え
気温が低下すると血管が収縮して硬くなることで血行が滞り、血行不良となります。


● 長時間の同じ姿勢
デスクワークや同じ姿勢でのスマートフォン操作によって肩に負担がかかることで血行不良となります。


● ストレス
ストレスを感じると自律神経が乱れて血管の収縮を起こします。
そうなることで血液の循環が悪くなり血行不良を起こします。


また日頃の運動不足によって代謝が低下していたり、眼精疲労にお悩みの方も血行不良を起こしやすく慢性的な肩こりや重度の肩こりの原因となります。

テレワークの普及により肩こりに悩む女性

代謝を上げるには

肩こりの解消・予防は代謝を上げて血行を促進することが重要です。


〇 水分補給で血行促進
起床後は白湯、もしくは温かい麦茶を飲むことからスタートしましょう。

起床時は寝ている間に失われた水分によって血液がドロドロしている状態となっています。
水分を摂取することで血液の流れが良くなり、代謝アップが期待できます。

温かい飲み物を摂取することで内臓機能が高まり、血の巡り(めぐり)も良くなります。
麦茶は血液をサラサラにする効果がありますのでお薦めです。

白湯

〇 朝食をしっかり食べる
朝食をきちんと食べることは「内臓機能を活発にして身体を温める効果」が高まり、代謝アップが期待できると言われています。

朝は忙しく朝食を抜く方も多いと思いますが、代謝を上げて血行促進し肩こりを予防していくためにも朝食を摂ることを意識してください。

納豆や味噌などの発酵食品は腸内環境を整えてくれるので代謝アップに弾みをつけます。
バランスの取れた和食がお薦めです。

慌てずによく噛んで食べることも心掛けましょう。

バランスのよい朝食

〇 寝る前にストレッチ
身体をほぐしたり筋肉を動かすことで身体が温まり血行促進が期待できます。
就寝前に10分から20分程度のストレッチを行うことがお薦めです。

入浴後の身体が温まっている状態でストレッチを行うと更に効果が期待できます。
リラックス効果も高まるので不眠症予防にもなります。

肩や首だけでなく、全身を心地よく伸ばすストレッチを心掛けましょう。

肩のストレッチをする女性

まとめ

肩こりは血行不良による筋肉の硬直が原因となります。
血行不良を改善するには代謝を向上し血行促進させることが重要となります。

代謝が上がって血行が促進されると肩こりに限らず「美容効果」「腰痛」「冷え症」「浮腫み(むくみ)」予防も大いに期待できます。

代謝が上がる事は身体にとって良い事尽くしです。
肩こりや健康にお悩みの方は「代謝アップ」を心掛けてみてください。

友だち追加

店舗情報/アクセス

お電話からのお問合せ・ご予約はこちら