【首こり・首痛・首の違和感/疲労感】

2020年3月20日

スマートフォンやパソコンを操作している時、無意識に何気なく首を回したり左右に首を動かしたりしている人は、ひょっとしたら首に大きな負担が掛かっていて疲れを感じている人かもしれません。

放置してしまうと首を痛めて生活に支障をきたす可能性も出てきます。

首の症状はなぜ起こる?

首こりや首痛を感じる方は首の血行不良を起こしていると言えます。
首は頭部と身体を支えており、神経や血管が集中している大事な部分です。

首の血行不良が原因で肩こりや背中のはり、頭痛を伴う場合もあります。

首に疲れを感じた時に首を回したり左右に首を動かしたりして自然に首の運動をしている方なら血行不良の予防となりますが、作業や仕事に夢中になりすぎて首の運動を忘れるくらい集中している方は注意が必要です。

首に負担が掛かっている状態を長時間放置してしまうと肩こりや頭痛を頻繁に引き起こすようになり、首の骨も真っ直ぐに固まってしまう恐れが出てきます(ストレートネック)

そうなると首や首まわりに感じるあらゆる症状が慢性化してしまうのです。

首こりに悩む女性

首の角度が負担を大きくする

スマートフォンやパソコンを操作する時の首の角度によって首に大きな負担がかかります。
デスクワークが多い方や電車での通勤・通学中にスマートフォンを操作する方は注意が必要です。

また子育てに奮闘しているママさんはどうしても小さいお子様に視線を向ける時間が多い為、首に負担が掛かっている傾向にあります。

料理をする時も目線はほぼ同じ場所となる為、負担が大きくなります。

普段の何気ない姿勢や行動が首に大きな負担を掛けていることになるのです。

うつむいた状態でテレワークをする女性

首を休ませて血行促進

首に負担を掛けないようにするには首を休ませてあげることが重要です。

一番負担がかからないのは横になることです。
仰向けか横向きが良いでしょう。首への負担を軽減させ、血行促進が期待できます。


デスクワークの方は少なくとも1時間に1回は首を回したり席を立って伸びをしたりすると血行不良を予防できます。

仕事の合間に軽く伸びをする女性

スマートフォンを操作する際は、なるべく目線の高さで首を下に向けないようにすることが首への負担を軽くして血行不良を起こさない姿勢となります。

目線の高さでスマートフォンを操作する女性

また首を休めることを意識して「気分転換する」「リラックスする」といったことも大切です。

運動を楽しんだり入浴で身体を温めることで代謝が上がり、首や身体全体の血行不良を予防する効果が高まります。

ウォーキングを楽しむカップル

まとめ

首は神経と血管が集中し、頭と身体を支えている大事な部分です。

首に負担が掛かると首こりや首痛をはじめ、肩こりや頭痛など首以外にも症状があらわれやすいので十分に労わってあげることを心掛けてください。

特にデスクワークの方やスマートフォンのヘビーユーザーの方は注意が必要です。
首の違和感や首こりを感じたら無理せずに首を休めることをお薦めします。


少しの違和感を見逃さず、早めの予防と対策をしていきましょう。

友だち追加

店舗情報/アクセス

お電話からのお問合せ・ご予約はこちら