院長紹介

2020年3月9日

❖ 名  前|大平 篤史(おおだいら あつし)
❖ 生年月日|1981年2月16日生 AB型
❖ 趣  味|野球観戦/ドライブ
❖ 好きな物|妻・子ども/野球/ツナ缶/鶏そぼろ
❖ 性  格|仕事も遊びも全力100%
❖ 座右の銘|継続は力なり/おかげさまで。

▶ 栃木県小山市出身 足利市在住
▶ 栃木県立小山高等学校卒


【資格・実績】

・MDX眼精疲労整体課程 修了
・フェイシャル皮膚構造理論課程 修了
・足裏反射区療法コース課程 修了
・ベーシックダイエットTP課程 修了
・介護初任者研修資格
・甲種防火管理者

・珠算2級
・書道初段
・全国高校野球選手権栃木大会準決勝進出

院長経歴

◆1981年
栃木県小山市生まれ

高校卒業まで栃木県小山市で過ごす。
中学校・高校では野球部に所属。
栃木県立小山高校硬式野球部ではブルペンキャッチャー(笑)としてベンチ入り。


◆1999年
高校在学中に介護の仕事に興味を持ち、福祉系大学を受験するもことごとく失敗。
介護の道を諦め、群馬県の私立大学に入学。


◆2003年~
大学卒業後はサラリーマンとして10年間勤務するも人間関係のストレスから適応障害を発症。
抗うつ剤を服用しながら仕事を続けるも体調は一向に良くならず逆に悪化するばかり。
仕事や日常生活を送ることが困難になり退職する。


◆2014年~
半年ほど休養すると徐々に体調も良くなり「介護の仕事に携わりたい」という気持ち忘れられず資格を取得。
特別養護老人ホームへ入職する。

老人ホームで働くと腰痛を発症。
また自分のスキルの未熟さを痛感し、再びストレスからくる慢性的な体調不良を患う。

多くの職員の方が自分と同様に腰痛やストレスを抱えている姿を見て「症状に大きく関係しているストレスをどうにかしてあげたい」「介護に携わる方々の身体をサポートして高齢化社会に貢献したい」という想いが強くなり退職を決意。

薬や機械に頼らず身体に負担を掛けない「整体」というジャンルに大きな魅力を感じ、有名な整体師の先生に弟子入り。身体の構造や症状の知識、手技を学ぶ。


◆2020年~
独立し栃木県足利市に整体戦士ダイラマンを開業。
「ご来院者様が笑顔になってお帰り頂ける整体院」をモットーに、開業後も日々精進しております。

院名の由来

-整体戦士ダイラマン-


困っている人を助けて親身になって寄り添う「戦隊ヒーロー」が院名の由来です。

颯爽と現れて困っている人を助けてくれるスーパーヒーローのように「症状に困っている方や悩んでいる方を助けたい」という想いと名字の一部を組み合わて「整体戦士ダイラマン」という院名になりました。

決してふざけているわけではありません。

幼少の頃「戦隊ヒーローのように強くたくましくなって皆を助けたい」という、未だに忘れられない気持ちによって名付けられた院名です。

整体戦士ダイラマン ロゴ

Professionalからの推薦文①

BODY DESIGN田園調布院長
小林大二先生

推薦文 小林大二先生
BODY DESIGN田園調布/小林大二先生
↑ホームページはコチラ

Professionalからの推薦文②

東川口まるか腰痛整体院院長
竹本政和先生

推薦文 竹本政和先生
東川口まるか腰痛整体院/竹本政和先生
↑ホームページはこちら
友だち追加

トップページ

店舗情報/アクセス

お電話からのお問合せ・ご予約はこちら

Posted by dairaman