【肩こり】重症化すると…

2020年6月13日

昨日は「肩こりの原因と手軽なセルフケア」についてお伝えしました。

肩こりは肩まわりの血行不良によって起こり、主な原因はVDT症候群と呼ばれるスマートフォンやパソコンの使用やストレスからくる自律神経の乱れ、骨盤の歪みからくる姿勢の悪さなどが考えられます。

「肩こり」という症状は我々にとってあまりにも身近すぎる症状ですので、軽く考えている方も非常に多いと思います。

しかし、この肩こりを我慢して放っておくとどうなるのか、あなたはご存知ですか?


本日は肩こりの重症化についてお伝えします。

肩こりを放っておくと…

肩こりの予防や対策を怠ると肩こりは重症化します。

肩こりが治りにくくなったり慢性化することはもちろん、こりが痛みに変わったり、背中や首などの肩に近いところに張り感や痛みを感じるようになります。

さらに放っておくと患部の痛みにプラスして頭痛吐き気倦怠感などの症状が現れます。



痛みや不快感で眠れない事もあり、不眠症となる場合もあります。


この状態まで重症化すると精神的にも滅入ってしまい、

・やる気が起きない

・動きたくない

・何もしたくない

といった憂鬱状態に陥ります。




肩こりに限らず、お困りの症状で共通して言えることは、
症状が重症化すると身体も気持ちも辛くなって健康な身体に戻るまで時間がかかるということです。

たかが肩こりでも我慢して放っておくととんでもない事になってしまいます。

健康で楽しい生活を過ごしていく為にも肩こりを甘く考えずしっかりとケアしていくことが大切です。

重症化直前のサイン

肩こりは以外と自覚されない方も多いです。
マッサージや整体院で肩を触られて「肩がこってる」と言われて「肩こっていたんだ」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ここでは「肩こりが重症化になる直前のサイン」をお伝えします。
肩こりの自覚がない方は特に読んでいただきたいと思います。

上半身の怠さ

軽い筋肉痛のような、何とも言えない上半身の怠さを感じてきます。
また怠さによって不眠気味になったり、横になっても身体の感覚が落ち着かず何度も姿勢を変えたりする傾向があります。

時々の頭痛

肩こりが酷くなると頭痛が現れる方も少なくありません。
肩こりが重症化する直前は、頭痛が時々起こる傾向があります。

ズキッと一瞬だけ頭痛が出たり、少し休んだら良くなったりする頭痛は重い肩こりのサインかもしれません。

首の違和感

首に違和感を感じることがあります。
痛み以外にも首こりや怠さを感じてくることがあります。

以前より首を揉んだり回したりする回数が増えてきたら要注意です。

まとめ

本日は肩こりの重症化についてお伝えしました。


・肩こりを放っておくと他のところにも症状が出る

・精神的にも辛くなり不眠や憂鬱状態になる可能性も

・我慢していると治りにくくなるので早めのケアが大切

・肩こりは自覚してない人も多い

・肩こりのサインに気付くことが明るい生活作りに繋がる




自分の身体の状態に目を背けずしっかりと見直すことが楽しく充実した生活を過ごせる近道です。
肩こりを甘く考えず、状態が軽いうちに早めにメンテナンスすることをおすすめします。

健康情報やキャンペーン情報をGET!!予約や相談もOK
お問合せ/各SNSはコチラ