【猫背】原因と対策

2020年9月3日

猫背は背中が丸まって頭が前に出た状態の姿勢を言います。

猫背は見た目が悪いのはもちろん、身体へ悪影響を及ぼし、あらゆる場所に症状があらわれます。


以前は御高齢の方に多くみられた症状ですが近年では10代から20代の若い方々、中には小学生で猫背になっている方も増えてきています。

猫背でスマートフォンを操作する女性

影響

▶ 肩こり・首こり
頭が前に出ていることで肩に大きな負担がかかります。
そうなることで肩まわりの血行が悪くなり肩こりや首こりを起こします。


▶ 腰痛
身体のバランスが崩れる事で腰に負担がかかり、腰痛になりやすくなります。


▶ 頭痛
肩や首への負担が溜まり頭痛になりやすくなります。


▶ 背中の痛み
背中への負担が大きくなり、背中にハリや痛みがあらわれます。
起床時に痛みがあらわれることが多いです。


▶ 疲れやすくなる
肺が圧迫されることで肺機能が低下します。
結果、疲れが溜まりやすくなったり回復力が低下します。


▶ 自律神経が乱れる
呼吸が浅くなったり血行不良によって自律神経が乱れてきます。
自律神経が乱れるとイライラしたり情緒不安定になります。


▶ 内臓機能の低下
猫背から身体全体のバランスが崩れる事で、内臓が正常な位置からずれてしまいます。
そうすると内臓の働きが低下して食欲不振や腸内作用の働きが低下します。


▶ 印象が悪くなる
猫背になることで相手からの印象が悪くなってしまいます。
落ち込んでいたり、自信がないように映ってしまい好ましくない印象を与えてしまいます。

肩こりに悩む男性

原因

◆ パソコン・スマートフォンの姿勢
デスクワークは前かがみの悪い姿勢になりがちで、この姿勢が血行不良や肩甲骨に負担をかけます。
その結果、筋肉が硬くなり猫背になってしまいます。

スマートフォンも同様、うつむいた状態での長時間の使用は猫背の原因となります。

長時間同じ姿勢でデスクワークをする女性




◆ 運動不足
運動不足により筋肉が衰え、正しい姿勢が困難になります。
少しの運動で筋肉が疲れてしまい、姿勢をキープできずに徐々に猫背になりやすくなります。




◆ 足を組む・頬杖をつく
足を組む、頬杖をつくなどの姿勢が癖になっていると、骨盤が歪み身体のバランスが崩れて猫背になりやすくなります。

頬杖をついて読書をする女性

予防・対策

猫背は基本的に楽な姿勢ではありますが、身体への負担を考えると決して良い姿勢ではありません。

猫背を治そうして無理に姿勢を正していると今度はストレスを感じるようになってきます。

猫背を矯正するサポーターなどもありますが、無理に矯正しようとせず自然な形で整えていくことをおすすめします。

普段からの「少しだけの意識」を継続していくことを心掛けましょう。

パソコン・スマートフォン

長時間の同じ姿勢を見直しましょう。

長時間の同じ姿勢は血行不良を起こし筋肉が硬くなることで猫背になりやすくなります。

1時間に1回程度、パソコンやスマートフォンから手を離して肩を伸ばしたり、簡単なストレッチをしてみましょう。

仕事の合間に軽く伸びをする女性

運動

運動習慣をつけることで身体全体の筋力と代謝を上げることで猫背予防となります。
上半身に限らず、身体全体バランスよく筋肉をつけていくことが良いです。

運動をする時間がない方は就寝前のストレッチも効果的です。

また、体幹を鍛える事で骨盤と背骨が整って猫背予防となります。

体幹の詳細はコチラ

https://dairaman.com/train-the-core/


プランクの動画

姿勢・癖

足を組んだり頬杖を付いたりする癖がある方は、なるべくやめることをおすすめします。

やむを得ない場合や癖が治らない場合は、足を交互に組んだり頬杖をつく腕を交互にしたりと片方に片寄らないように意識しましょう。

そうすることで身体のバランスを大きく崩さずにすみます。

動画 猫背を予防

背中と肩の血行を良くして筋肉を柔らかくして、胸の筋肉をしっかり伸ばすことで猫背予防の期待が高まります。

この動画は二の腕を引き締めて肩こりを解消する動画としてお伝えしましたが、猫背予防にも非常に効果的なストレッチです。

継続しやすいとても簡単なストレッチです。
是非試してみてください。

当院の猫背矯正・姿勢矯正

当院の猫背矯正・姿勢矯正は血行促進、筋肉の柔軟化に加えて上半身の筋肉を心地よく伸ばすことで無理のない矯正を心掛けています。

痛みもなく、数回の施術で猫背、姿勢が自然と整ってくる方がほとんどです。


猫背や猫背が原因の症状、身体のバランスが気になる方は整体戦士ダイラマンにお任せ下さい。

友だち追加
インフォメーション
お問合せ/各SNSはコチラ