【むくみ】原因と対策

2020年9月9日

朝起きると顔がむくんでいる

夕方になると手や脚がパンパンになる


特に女性の方はそんな「むくみ」にお悩みではないでしょうか。

今回はむくみの原因とむくみがもたらす身体への症状、対策についてお伝えしていきます。

鏡で顔のむくみをチェックする女性

原因

むくみは医学的に「浮腫(ふしゅ)」と呼ばれており、むくみの原因は様々です。

◆ 長時間の同じ姿勢
長時間の同じ姿勢は血行が悪くなります。
デスクワークをしている方は夕方になると脚がむくんでパンパンになるという経験があるのではないでしょうか。

これは下半身を動かさないことで血行が悪くなり、むくみが起こります。

長時間同じ姿勢でデスクワークをする女性




◆ 塩分/アルコール
塩分の過度な摂取もむくみの原因の一つです。
塩分をたくさん摂ると身体は塩分を薄めようとして水分を溜め込もうとします。

この水分がむくみとなります。


アルコールも同様でお酒を飲むと身体の中のアルコール濃度が高くなり、水分が血管から漏れることでむくみやすくなります。




女性の方は身体の構造上、男性よりもむくみやすいと言われています。
また睡眠不足や運動不足、ストレスもむくみの原因となります。

むくみがもたらす影響

むくみが起きると日常生活で不便が出てきます。

◆ 指輪がきつくて入らない

◆ 履き慣れたズボンがきつい

◆ 靴がうまく履けない

◆ 靴下やストッキングのあとが残る

◆ 顔が腫れる/見た目の変化

◆ 関節の動きが悪くなる

◆ 冷え性になりやすい

むくみが気になる女性




また、むくんでいる状態はリンパ液の流れが悪くなっており、細菌が侵入すると治りにくくなったり重症化する恐れがもありますので気をつけなければなりません。

予防と対策

生活の改善と簡単なセルフケアでむくみを予防することができます。

❖ 姿勢を変える
長時間の姿勢、特にデスクワークの方は下半身がむくみやすくなります。
長時間の姿勢により血行が悪くなることでむくみます。

・座った状態で足踏みをする

・時々離席して身体を伸ばす

・足首をグルグル回す

などして身体を動かす意識をしてみましょう。
ほんの数分、1日に3回から5回くらいを目安におこなってみてください。

仕事の合間に軽く伸びをする女性




❖ 食事の見直し
減塩することでむくみを予防できます。
塩分の高いお惣菜や加工食品は極力さけて塩分を調整した食事を心掛けてください。

お酒を嗜む場合は、濃いめの味付けの食事を摂取しがちですので、そのへんも意識してみましょう。

深酒もむくみの原因となりますので、ほどほどにしておきましょう。

バランスの良い定食




❖ 入浴とマッサージ
しっかり湯船に浸かることで血行が良くなり、むくみ改善の期待が高まります。
湯船の中で脚をマッサージすると更に効果的です。

リンパマッサージをする女性

当院の施術について

当院ではむくみでお悩みの方の施術もおこなっております。

・血行不良を改善し、滞りのない血流を作る

・リンパ液の流れを良くしてむくみにくい体質への改善

・むくみによって硬くなった各関節を滑らかにする


むくんでいる部分だけではなく、身体全身を施すことでむくみを解消し、むくみにくい身体にしていきます。


「むくみ」や「むくみからくる症状」でお悩みの方は整体戦士ダイラマンにお任せください。

友だち追加
インフォメーション
お問合せ/各SNSはコチラ